×
遊戯

任天堂、WiiとニンテンドーDSの年内切り下げるを完璧否認


ソニーやマイクロソフトが普及に弾みを付けるのににも自社の遊戯機を切り下げるしていく中、任天堂が自社の次年代遊戯機「Wii」と、携行遊戯機「ニンテンドーDS」の切り下げるを完璧に否認したそうです。

そこでせめて年内に切り下げるさエる蓋然性は無くなってしまいました。

詳細は以下に。
Nintendo: no plan to cut Wii, DS prices this year | Technology | Reuters

この雑報によると、任天堂の岩田聡専務が未来の収益予測に関して「ハードウェアの切り下げるを行う前提での収益予測は行われていぬ」とした上で、WiiやニンテンドーDSの切り下げるを行う必須があるといったのは思っていぬとアナ名簿に述べたそうです。

ちなみに対抗行うソニーはPS2との互換性を無くした廉価版PS3を昨年11月に発売していり付ける他、マイクロソフトも安値なXbox360アーケードを発売行うなど、家用遊戯業界全部では切り下げるが続いていますが、今回の任天堂の方針は、切り下げるをしなくとも売エるといった覚えを端的に表したものなのでしょうか。

?関連雑報
任天堂がいにしえ至高益更新、Wiiを増産へ - BLACKBCAS

WiiのグラフィックがPS3やXbox360並みに向上へ - BLACKBCAS

ニンテンドーDSの液晶につきトラスト疑惑、シャープと日立に立ち入り点検 - BLACKBCAS

PS3の新型が8月に登場か、パーツコスト節減で低価格化も? - BLACKBCAS

Xbox360を死亡さす耐久実験ディスクが流出中 - BLACKBCAS

Tweet

in 遊戯,   メモ, Posted by darkhorse_log