×
メモ

人類は7万年前に絶滅寸前、全世界でわずか2000人


スタンフォード大学び舎の究める者による個別の究めるが推測したところによると、人類は7万年前には全世界でわずか2000人にまで激減、消失しかけていたことがわかってきたそうです。

一体、7万年前に何が起きていたのでしょうか?詳細は以下に。
Study says near extinction threatened people 70,000 years ago - Yahoo! News

2005年に幕開きされた、遺伝学で人類学を究める行うこのプロジェクトによると、ミトコンドリアの追跡で、現在の人類は約20万年前にアフリカに住んでいた「ミトコンドリア?イブ」と呼ばれていり付ける単一の母親の末裔であることがわかっており、約6万年前に全世界へ人類の拡散が始まっています。しかし、このミトコンドリア?イブと全世界への拡散までの間に何が起きたかにつきは今までほとんどわかっておらず、謎に包まれていました。

近ごろの究めるによると、南アフリカのKhoi族とSan族の人々は9万年前と15万年前に他の人々に分岐したような形跡がミトコンドリアの解析で判明。どうやら、石器時世に先だって小さな員数のグループに分離された後、共に戻ってきたりして数が増大、自余の地域へこの時分に拡散し始めたらしい。さらに13万5000年前と9万年前に東アフリカで激しい干ばつが生成、それから7万年前には極端な天気変動で人類はとうとう消失の危機に瀕行うくらいの匹夫数にまで激減し、一時は2000人くらいになっていたようです。

米国国勢調べる局の調べるによると、現在は66億人以下の人類が地球上にいり付けるらしいのですが、なんどきどのような訳で再び絶滅の危機に立たさエるかは誰にもわかりません。

?関連雑報
絶滅危惧種フォトギャラリー - BLACKBCAS

未来10年間で絶滅してしまうか仮にれぬ10種の生き物 - BLACKBCAS

すでに絶滅してしまったたまげるべき生き物10種 - BLACKBCAS

世界中にいろいろな損害を与えていり付ける侵入生物5種 - BLACKBCAS

海外の知名な都会言い伝えワースト10 - BLACKBCAS

世界に失われそうな言語がわかる地図 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse