×
モバイル

東芝、極大4GBの携行テレフォン向け大容量NAND型フラッシュメモリを開発


東芝が携行テレフォン向けの大容量NAND型フラッシュメモリ「mobileLBA-NAND」を開発したそうです。筆録容量が2ギガビット(約500MB)に、極大32ギガビット(約4GB)までのラインナップが用意されており、従来製品にの置き換えが可能とのこと。画像を見る限りでは1.35cmくらいしかありませんね…。

極大4GBのデータを温存できるといったことで、今まで以下に携行テレフォンで楽やムービーを楽しみやあく身なりそうです。

詳細は以下の通り。
携行テレフォン向け大容量NAND型フラッシュメモリ新製品の発売につき

このリリースによると、今回製品化された携行テレフォン向け大容量NAND型フラッシュメモリ「mobileLBA-NAND」は、一つのメモリチップ上に、プログラムなどを格納行う領分とデータ温存用の領分を一体化して随意に容量比率を設定できる製品で、チップの枚数を減らすことに省スペースを実現していり付けるものとのこと。

再び、汎用的なNANDインターフェースを採用しており、従来製品にの置き換えが容易となったっていいり付ける他、近年の携行テレフォンに船積みされていり付ける高画質カメラや楽プレーヤー機能のデータ温存に適した極大32ギガビット(約4GB)の筆録容量があるモデルまで用意されていり付けるとのこと。

そこで1GBを超えたメモリを船積みした携行テレフォンが通常になるのでしょうか。

?関連雑報
Appleが5億個のフラッシュメモリを調達、いったがる何を拵えるのか? - BLACKBCAS

64GBのメモリカードが産出可能に - BLACKBCAS

ウィルコム、東芝製音声端末「WX320T」を公表 - BLACKBCAS

ソフトバンクが夏モデル公表、Windowsケータイなど多数の端末が登場 - BLACKBCAS

KDDI、パーソナリティーあふエるauケータイ2007年夏モデル15機種を公表 - BLACKBCAS

Tweet

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log